生き物たちがおりなすエンターテイメント!アクアパーク品川

アクアパーク品川についてご紹介いたします。
アクアパーク品川は東京は品川駅からほど近くにある水族館です。規模はものすごく大きいわけではありませんが、十分に満足できる水族館です。

水族館といっても様々な水族館がありますが、ここアクアパーク品川は他の水族館とは一味違うのです。自然の中で過ごしている海の生き物を中心に展示しているところが多いと思いますが、アクアパーク品川では「光」「音」「映像」と生き物たちの融合をウリにしているのです。

季節ごとに変わる催しやコラボなどは期間限定なので、もちろん注目したいところですが、特に注目してほしい場面が2つあります。
まずは、「ジェリーフィッシュランブル」です。いわゆるクラゲの展示なのですが、かなり大規模な展示になっています。たくさんの円柱型や大きな丸型の水槽の中をゆらゆらとクラゲがたゆたう姿は本当に美しいです。何種類かあるクラゲをそれぞれ見せる、というよりは、クラゲの揺らめく姿を楽しんでほしいという意図を強く感じる展示です。

そしてなにより、床や天井、壁がすべて鏡張りになっており、穏やかな音楽に合わせて照明がきらめきます。それがクラゲに透けて、本当に幻想的な空間になっているのです。空間そのものを魅せる、という展示になっています。隅のほうには椅子もあるのでそこに座ってゆっくり楽しめるのもうれしいですね。かくいう私もそのエリアだけで1時間は入り浸ってしまいました。

次に注目してほしいのはテレビでも取り上げられるなど話題になっている「ドルフィンパフォーマンス」です。私も、このイルカショーが見たくてアクアパーク品川を訪れたのですが、「イルカショー」という言葉では片付かないまさに「ドルフィンパフォーマンス」という感じでした。円形のプールでのショーなので、ぐるりと囲んで楽しむことができます。

特徴的なのはダイナミックに水を使ったショーであることです。上から降ってくるシャワーのような水にプロジェクションマッピングを投影しているところも、トレンドをつかんでいます。プール近くのお客様はイルカの水しぶきをあびるのも醍醐味、というよりプログラムに組み込まれています。

季節ごとで変わるプログラムもさることながら、会場のお客様と一体になるショーは本当に感動ものでした。決して広い水族館ではありませんが1日中楽しめる空間になっています。東京の中心で、生き物たちのエンターテイメントにぜひ会いに来てくださいね。

アクアパーク品川「花火アクアリウム by NAKED」10月1日まで。デジタル花火のイルカショー

関連記事: